浄化槽のメリット・デメリットって?下水道との違いまで大解説

「浄化槽ってなに?」「メリットやデメリットはあるの?」と気になっている人もいるでしょう。浄化槽の役割は、私たちが生活のなかで使用した汚水の汚れを取り除き、キレイにしてから河川に流すこと。

しかし各家庭で清掃や点検などをしなければならないため、正直面倒くさいと感じてしまうこともあるでしょう。

本記事では、浄化槽の役割や特徴、メリット・デメリットを解説します。あわせて下水道に切り替える工事についてもご説明しますので、浄化槽について疑問がある人は参考にしてください。

浄化槽の役割と特徴について

「浄化槽」とは、公共の下水道が配管されていない家庭に設置されている、もっとも身近な汚水処理設備です。浄化槽の中に生息している微生物を利用して、各家庭のトイレやキッチン、お風呂場などから流れてくる生活排水をキレイにします。

浄化槽を通ってキレイになった排水は、そのまま河川などに放流されます。この「汚れを取り除いてから放流する」といった役割を担っている浄化槽は、地球環境を守るうえで非常に重要な設備です。

私たちが使った生活排水を浄化せずにそのまま河川に流してしまえば、川や海はすぐに汚れ、そこに生息する魚や貝などの海洋生物は死んでしまいます。海の生物がいなくなってしまえば、それを食べていた鳥や動物たちも減少してしまうでしょう。このように食物連鎖を壊さないためにも、浄化槽は大切なのです。

浄化槽の特徴は、窒素やリン除去などの高度処理にも対応できる点が挙げられます。また設置場所は各家庭ですが、車1台分程度のスペースしか場所を取らず、地中に埋めてしまうため目立ちません。

そして下水道のような長い配管は不要のため、地震などの災害にも強い点が特徴といえるでしょう。

浄化槽と下水道の違いって?

浄化槽とよく混同してしまうことが多い「下水道」。下水道も、浄化槽と同じく汚れた水をキレイにしてから河川に放流するための汚水処理設備です。

浄化槽との違いは、「自宅で汚水処理を行う」か「市町村が管理している汚水処理場にてキレイにする」かです。

下水道が設置されている家庭では、トイレやキッチンなどから流れる生活排水が下水管を通り、下水道本管に合流します。そのあと市町村が管理する処理設備まで運ばれ、汚れを取り除く仕組みです。

浄化槽のメリット

浄化槽のメリット

次に、下水道ではなく浄化槽を設置するメリットをご紹介します。

  • 定期的な清掃や点検によって、排水処理を維持できる
  • 水道水をたくさん使用する家庭では、下水道使用料金を安く抑えられることもある
  • 下水道設置にかかる工事費用よりも安いケースがある
  • 下水道を使わない場合、市町村に最初に収める受益者負担金も不要

浄化槽を設置した場合、各家庭で浄化槽の清掃や点検が義務付けられます。しかしそれらをしっかりと行えば、排水処理を維持できるため環境に貢献できます。

また水道水の使用量によって算出されている下水道使用料金は、使う水が多いほど高くなる傾向があるため、下水道を使用しない場合には使用料金を安く抑えられます。さらに、下水道を使用する場合に市町村に支払わなければならない受益者負担金も不要です。

このように、さまざまなコストを軽減できるメリットがあるため覚えておきましょう。

浄化槽のデメリット

続いて、浄化槽を使用するデメリットをみていきましょう。

  • 各家庭で浄化槽の定期的な清掃や点検を行う必要がある
  • 浄化槽本体やブロアー(空気を送る部品)などには寿命があり、時期が来たら交換しなければならない
  • 浄化槽内の微生物が弱ってくると悪臭の原因となる

浄化槽を使用する最大の難点は、各自で定期的な清掃や点検を行わなければならないことです。とはいえ、マンホールを自分たちで開けて清掃作業を行うわけではありません。

浄化槽の清掃は年に1回以上、専門の清掃業者に連絡して実施してもらいましょう。点検については、浄化槽の規模や種類によって回数が決められているため、やはり専門業者に相談してみると良いです。

また本体は20~30年程度、ブロアーは5~10年程度と寿命があるため、時期が来たら交換しなければなりません。そのほかにも、微生物が弱ってしまうと悪臭を放つ原因になることから、漂白剤などの刺激物を流さないように注意しておくことも大切です。

浄化槽から下水道へ切り替えるには?

浄化槽と下水道

前述で浄化槽のメリットとデメリットをお伝えしましたが「浄化槽はなんだか面倒くさいから、下水道に切り替えたい」と感じる人もいるでしょう。

しかしどの家庭でも下水道に切り替えられるわけではありません。なぜなら各市町村の地域ごとで、排水処理方式が決められているからです。下水道が使えるのかどうかは、住んでいる地域の自治体に連絡し確認しておく必要があります。

もしも下水道が使える地域だった場合、市町村役場に公共下水道使用開始届出書を提出しなければなりません。そのため自治体が指定する専門業者に工事を依頼するとスムーズに手続きを行えるでしょう。

浄化槽から下水道に切り替える工事内容・費用相場

先にもご説明したとおり浄化槽から下水道に切り替えるためには、その場所の下水道が使える状態で、かつ市役所に届け出た書類が受理されることが必須です。

それらをクリアしたうえで、下記のような工事が行われます。

  • 浄化槽の撤去
  • 排水設備工事
  • 浄化槽埋め戻し
  • 公設マス接続工事 など

地中に埋めた下水道とつなげる下水道本管が近ければ、それほど大きな工事にはならず「30万円程度」が費用相場といわれています。しかし本管の場所によっては広範囲の工事になるため、工事費用はおよそ「50?80万円」になる可能性もあるでしょう。

まとめ

浄化槽と下水道のどちらを使うかは個人では選べません。たまたま引っ越した先が下水道を使用しておらず、浄化槽を設置しなければならないケースも少なくないのです。

もしも浄化槽を使うことになった場合には、メリットやデメリットを把握しておくことで事前に防げるトラブルもあるため覚えておいてください。

また下水道が使える地域では、浄化槽からの切り替え工事も可能です。安くはない費用がかかり手続きも面倒かもしれませんが、浄化槽の定期的な清掃や点検からは解放されます。切り替えたい方は、市町村役場に確認してみましょう。

見積無料。水まわりのトラブルはお気軽にお電話ください。迅速丁寧に対応します。 水まわりの清掃事例一覧 お客様の声 会社概要 水まわりの専門用語
対応エリア

千葉県
野田・流山・柏・松戸・我孫子

埼玉県
三郷・吉川

茨城県
取手・守谷・板東

その他の地域もお気軽にご相談ください

これが高圧洗浄車の威力です!

公式Twitter
~清掃現場より~

ページトップへ

お見積もり(無料)のご依頼・お問い合わせはこちら
お見積もり(無料)のご依頼・お問い合わせはこちら

公式Twitter
~清掃現場より~

Tweets by DaishinC

googlemapレビューへのクチコミはこちらから

ページトップへ