トイレのオーバーフロー管が壊れて水浸しに…。自分で交換できる?

こんにちは。千葉県水まわり解決センター(株式会社ダイシンクリア)です。「トイレのレバーを回していないのに、便器内に水が流れている」 「トイレのタンクから水があふれて、床が水浸しになっている」

このようなトイレのトラブルは、実は珍しいことではありません。トイレの水漏れは、タンクの中にあるオーバーフロー管が故障している可能性が考えられます。

オーバーフロー管は樹脂でできており、それほど強度が高くないため壊れやすい部品です。

そこでこの記事では、トイレのオーバーフロー管が壊れて水漏れが起きてしまったときの対処法と、自分で部品交換する方法を解説します。トイレの水漏れに困っている人はぜひご覧ください。

オーバーフロー管とは

「オーバーフロー管」とは、トイレタンクの中にある細長い筒状の部品です。中は空洞になっており、タンク内の標準水位を超えて水があふれ出さないようにする役割があります(あふれ出す=オーバーフロー)。

しかし、トイレタンクの中の動きは以下のようになっているため、通常ならオーバーフロー管は作動しません。

【トイレの水を流すときに、タンクの中で起きていること】

  • トイレを使用したあと、水を流すときにレバーを回す
  • レバーを回すと、レバーに鎖でつながれたタンク底のほうにある半球状の部品「フロートバルブ」が持ち上がり、タンクから便器に水が流れ出す
  • レバーが元に戻れば、フロートバルブが排水口をふさぎ便器への流水も止まる
  • 便器に水が流れ出てタンクの水位が下がると、水道管とつながっている給水機器「ボールタップ」の「浮き球」が下がり、その重みによってボールタップの弁が開いて水道管から新しい水が給水される
  • タンク内に給水されて水位が上昇するとともに浮き球が上がると、ボールタップの弁が閉じて給水が止まる

上記がトイレの水を流したときにタンク内で起きていることです。これが通常の動きですのでオーバーフロー管は基本的に作動しません。

ただし、ボールタップや浮き球など別の部品が故障して、タンク内の水位が上昇しすぎてしまう場合があります。このときに活躍するのがオーバーフロー管です。

オーバーフロー管の先端には、ウォーターラインを意味する文字「WL」が記載されています。オーバーフロー管が水没するほどにタンク内の水が増えてしまったときは、オーバーフロー管の中を通って水が便器に排出されるのです。

トイレのオーバーフロー管が故障すると、どんなトラブルが起きるの?

オーバーフロー管にヒビが入っていたり折れたりしていると、トイレのレバーを回していないのに便器内に水が流れ込んでくるトラブルが発生します。

先にもご紹介したように、オーバーフロー管はタンク内の増えすぎた水を便器に流す役割があります。そのためオーバーフロー管にヒビが入ってしまっていると、その隙間からタンク内の水が入り込み便器へと流れ出ます。

オーバーフロー管がポッキリと折れてしまっている場合にも、短くなったオーバーフロー管の中を水が通って便器内へと流れ出てしまうのです。便器内に水がいっぱいになるとあふれ出て、トイレの床が水浸しになる可能性もあります。

オーバーフロー管と一緒に、給水機器であるボールタップや浮き球なども壊れている場合には、トイレタンクから水があふれ出すケースも考えられます。

どちらにしてもトイレの床が水浸しになってしまうため、便器内に水が勝手に流れ出ているなどの症状を発見した場合には、オーバーフロー管などの修理が必要です。

トイレの水があふれ出したときの応急処置

便器やタンクから水があふれ出してしまったら、まずは「止水栓」を閉めて水を止めましょう。修理を業者に依頼するにしても、水を流しっぱなしにしていれば水漏れの被害が拡大してしまうからです。

止水栓はトイレタンクの横あたりにある、壁とつながっている水道管についています。蛇口のように手で回せるタイプと、マイナスドライバーを使って回すタイプがあります。どちらも「右回り」で閉められるため実践してみてください。

もしも止水栓が見つからない場合には「水道の元栓」を閉めて応急処置をしましょう。

トイレのオーバーフロー管は自分で交換できる?

DIYに慣れていて力がある人ならば、トイレのオーバーフロー管を自分で交換できます。

オーバーフロー管の交換は細かい作業が必要なうえに、重たいタンクを持ち上げたり取り外したりします。そのためDIYに不慣れで重たいタンクを持ち上げる力がない場合には、思わぬ故障を招き、結果的に業者に修理を依頼する可能性もあるため注意しましょう。

自分でオーバーフロー管を交換するメリット・デメリット

自分でオーバーフロー管を交換する最大のメリットは、修理費用を抑えられることです。必要な道具さえ揃っていれば、あとは同じ型番の新しいオーバーフロー管を購入するだけで済みます。

ただし、あくまでもDIYがうまくいけばの話です。トイレのタンクやフタは陶器でできていて、落としたり強い衝撃を与えたりすれば割れてしまいます。オーバーフロー管の交換途中に、ほかの部品に衝撃を与えてしまい故障させてしまうケースもよくあります。

加えて交換作業に慣れていないと、それだけ労力や時間もかかります。

「費用を抑えるためにDIYしたのに別の場所も壊してしまい、予想外の修理費用がかかってしまった」といった失敗例をよく耳にしますので、DIYするときには十分に注意しましょう。

オーバーフロー管の交換方法

ここで、オーバーフロー管の交換方法を簡単にご紹介します。ご自身で交換する場合には、以下の流れをよく読んで準備しておきましょう。

【用意するもの】

  • 同じ型番・品番の新しいオーバーフロー管
  • ぞうきん(水気を取るときに使う)
  • モンキーレンチ
  • ウォーターポンププライヤー

【オーバーフロー管をご自身で交換する方法】

1.止水栓を閉めてタンク内の水を抜く

止水栓を閉めたあと、レバーを何度か回してタンク内の水をすべて排出させます。水漏れの被害を広げないためにも、この工程を必ず最初に行いましょう。

2.ナットをゆるめて、タンクを取り外す

モンキーレンチを使ってトイレタンクを取り外していきます。給水管につながっている部分と、タンクと便器を止めているナットをゆるめてください。タンクは非常に重いため、取り外しには十分に注意しましょう。

3.オーバーフロー管を交換する

ウォーターポンププライヤーを使ってオーバーフロー管を交換していきます。オーバーフロー管はタンク下部に固定されているため、根元部分をウォーターポンププライヤーで回して取り外しましょう。そして逆の手順で、新しいオーバーフロー管を取り付けます。

4.タンクを元に戻して、チェーンを調整する

タンクを元の位置に戻したら、フロートバルブとレバーをつなぐチェーンの長さを調節します。レバーを回してみて、フロートバルブが作動する長さが適切です。この工程を怠ると、フロートバルブが誤作動を起こして便器内に水が流れ込んでくるトラブルが発生するため注意しましょう。

5.最終チェックで動作を確認する

すべてが終わったら、通常どおりに作動するかを確認していきます。止水栓を開けてレバーを回し、それぞれの部品が正常に機能していれば問題ありません。

トイレのオーバーフロー管の交換は「専門業者」に依頼しよう

DIYに慣れていない人は、専門業者に修理を依頼しましょう。これまでにも述べたように、修理作業に慣れていないと思わぬトラブルを招いてしまうためです。業者に依頼すれば、的確な修理によってトラブルを根本から解決できます。

業者によるオーバーフロー管の交換方法も、基本的にはDIYのときと変わりません。しかし慣れた手つきで素早く修理してくれるため、ご自身で交換するよりも早く終わるでしょう。

オーバーフロー管の交換を業者に依頼するメリット・デメリット

水廻りのトラブルを専門とする業者に修理を依頼すれば、確実に問題を解決できます。またオーバーフロー管以外にも壊れている箇所を修理してもらったり、壊れそうな部分を発見してもらったりと、専門的な知見をもとに作業してくれるでしょう。

ただしDIYするよりも費用がかかってしまうのは難点です。専門業者に依頼した場合の費用相場は「約12,000〜30,000円」といわれています。一方、DIYの場合には、必要な道具さえ揃っていれば新しいオーバーフロー管を購入するだけで済むため、数千円の費用で交換可能です。

とはいえトイレは毎日使うもの。正常に作動するのが当たり前ですので、ご自身で修理できない場合には専門業者に依頼することをおすすめします。

まとめ

トイレの便器やタンクからいきなり水があふれ出てきたら、タンク内に設置されているオーバーフロー管の故障が疑われます。

交換作業はそれほど難しくありませんので、ご自身でDIYも可能です。しかしほかの部品に手が当たり壊してしまったり、タンクを落としてしまったりと予期せぬトラブルを招くケースがあるため注意しましょう。

普段からDIYに慣れていない人は、確実に修理してくれる専門業者に依頼すると安心です。

見積無料。水まわりのトラブルはお気軽にお電話ください。迅速丁寧に対応します。 水まわりの清掃事例一覧 お客様の声 会社概要 水まわりトラブル解決コラム水まわりの専門用語
対応エリア

千葉県
野田・流山・柏・松戸・我孫子

埼玉県
三郷・吉川

茨城県
取手・守谷・板東

その他の地域もお気軽にご相談ください

これが高圧洗浄車の威力です!

公式Twitter
~清掃現場より~

ページトップへ

お見積もり(無料)のご依頼・お問い合わせはこちら
お見積もり(無料)のご依頼・お問い合わせはこちら

公式Twitter
~清掃現場より~

Tweets by DaishinC

googlemapレビューへのクチコミはこちらから

ページトップへ