受水槽のあるマンションで知っておきたい!寿命や点検について解説

「うちのマンションに受水槽があるけど、なんで設置されているの?管理はどうすればいいの?」と疑問を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

マンションの受水槽は、1年に1回以上の点検や清掃が義務付けられています。これを放置してしまうと、受水槽の中に雑菌が繁殖し健康被害をもたらす可能性もあるため注意が必要です。

ここでは、マンションに関する受水槽の寿命や点検などを解説します。居住者とのトラブルを避けるためにも、受水槽があるマンションの管理者はぜひ最後まで目を通してください。

マンションに受水槽がある理由

マンションに受水槽が設置されている理由は、その建物内で一気に水が使われる可能性があるからです。

複数世帯が居住しているマンションでは、1つの建物内で一般家庭よりも使用する水の量が多くなります。一度にたくさんの水を使う場合、水道管からの給水では間に合わない可能性もあります。

そうなれば各家庭の蛇口から出る水がチョロチョロとしか出なかったりと、生活に支障をきたしてしまうでしょう。

そこで活躍するのが受水槽です。水道管から届いた水を地上に設置してある受水槽に貯めておきます。こうすることで複数の世帯が一気に水を使用しても、貯めてある水で対応できるのです。

高層マンションの場合には給水ポンプを使って受水槽の水を屋上まで汲み上げ、屋上に設置してある高架水槽に貯めてから重力を使って各階に水を届けます。

2~3階程度のマンションならば、水道管から流れてくる水道水の圧力によって各階に水を供給できます。しかし4階以上の高層マンションの場合には、水道水の圧力だけでは各階に水を届けられません。

こうした理由により、マンションやビルなどでは受水槽や高架水槽が設置されているのです。

マンションの受水槽

マンションの受水槽に関するよくあるQ&A

次に、マンションの受水槽に関するよくある質問をご紹介します。

マンションに設置する受水槽の容量はどうやって決めるの?

マンションに設置する受水槽の容量は、計画一日使用水量の4/10~6/10程度が標準とされています。

計画一日使用水量とは、給水装置に給水される1日あたりの水量のことです。計画一日使用水量は次のような方法で算出します。

  • 水を使用する人数から算出する場合:1人1日当たりの使用水量×使用人数
  • 水を使用する人数がわからない場合:単位床面積当たりの使用水量×延床面積
  • そのほか:使用実績などによる積算

上記の方法によって算出された計画一日使用水量をもとに容量を決定します。ただし、水質の安定を守るためにも著しく過大な設備にならないように注意しましょう。

受水槽の金額はいくらかかるの?

新しく受水槽を設置する場合、容量や機能性、メーカーなどによって金額が大きく異なります。容量300~500Lの場合は20万円前後、1,000~3,000Lの容量の場合は100~400万円程度が価格相場です。

受水槽の寿命はどれくらい?

受水槽の寿命は、どのような素材で設備が作られているのかによって異なります。

  • FRP製(強化プラスチック):15~25年
  • 鉄筋コンクリート製(地下式):30~50年

設備機器の種類によっても幅がありますが、どれも点検や清掃などの予防保全をしっかりと行っておくことで、寿命が1.5~2倍程度伸びることが証明されています。

受水槽の音はうるさい?

受水槽から直結給水(受水槽を設置せずに水道管から直接給水する方法)に切り替えるためには、逆流防止などを目的とした給水用具の設置と改造工事が必要です。

ただし増圧ポンプを使用する場合、水道局との協議を行わなければならないことを覚えておきましょう。

増圧ポンプを設置するということは、たくさんの圧をかけて水道管から水を吸い上げるということ。水道本管が大きければ問題ありませんが、水道管が小さい場合には増圧ポンプの影響で近隣建物の水の出が悪くなります。

こうした被害が予想される場合には、水道局との協議の結果、切り替え工事が認められない可能性も少なくありません。

受水槽から直結給水に切り替えるには?

受水槽から直結給水(受水槽を設置せずに水道管から直接給水する方法)に切り替えるためには、逆流防止などを目的とした給水用具の設置と改造工事が必要です。

ただし増圧ポンプを使用する場合、水道局との協議を行わなければならないことを覚えておきましょう。

増圧ポンプを設置するということは、たくさんの圧をかけて水道管から水を吸い上げるということ。水道本管が大きければ問題ありませんが、水道管が小さい場合には増圧ポンプの影響で近隣建物の水の出が悪くなります。

こうした被害が予想される場合には、水道局との協議の結果、切り替え工事が認められない可能性も少なくありません。

受水槽

マンションの管理者が行うべき受水槽の点検・清掃とは

10立方メートル以上の大きな受水槽の場合、水道法により「1年に1回以上」の定期点検と清掃が義務付けられています。また大きさが10立方メートル以下の場合には、自治体ごとの管理基準に基づくメンテナンスを行わなければなりません。

受水槽の点検や清掃には専門的な知識や技術が必要ですので、専門業者に依頼して定期的に行ってもらいましょう。

もし受水槽が故障したら必ず専門業者に連絡する

もしも受水槽が故障してしまったら、必ず専門業者に連絡しましょう。

急に壊れてしまうケースもありますが、多くの場合予兆となる不動作や不具合などが見られます。たとえばモーター音が大きくなってきたり漏水していたりなどの不具合が発生する可能性があるのです。

完全に故障してしまえば、給水停止状態になり断水が生じるおそれがあるためすぐに専門業者に連絡することをおすすめします。

結局マンションでは受水槽と直結給水のどっちがいいの?

直結給水では、水道管から流れてくる清潔な水をいつでも使えます。点検や清掃などの手間もなくなるだけではなく、受水槽を設置する必要もないため建物の美観が保たれるところもメリットです。

ただし災害時に水が使えなくなってしまうことは大きなデメリットといえるでしょう。

一方で受水槽は、点検や清掃などの管理体制が整っていなければ居住者が健康被害を及ぼす可能性はありますが、水を貯めておけることから災害時に役立ちます。

震災のときに被災者が一番苦痛に感じたのは「水不足」でした。普段何気なく使っている水、飲んでいる水が制限されてしまうのは精神的なストレスが大きいですよね。

最近の受水槽には、非常時に使えるようにと躯体に蛇口がつけられているものや、地震を感知して自動で弁を閉じて水を守る機能が追加されているものなども多くあります。

こうしたことから災害時のストレスを少しでも減らすために、あえて受水槽を設置しているマンションも増えています。

このため日頃から受水槽の点検や清掃などの管理ができる場合には、受水槽のままでもよいでしょう。もしも受水槽の管理ができない場合には直結給水に切り替えることも検討してみてください。

まとめ

受水槽は1年に1回以上の定期点検や清掃が必要なため、手間やランニングコストがかかってしまう点はデメリットです。しかし水を一時的に貯めておける装置のため災害時に便利であり、一度にたくさんの水を使うマンションなどの建物に適しています。

受水槽と直結給水のメリットやデメリットをよく理解して、自分のマンションにはどちらが適しているのかをしっかりと見極めることが大切です。

見積無料。水まわりのトラブルはお気軽にお電話ください。迅速丁寧に対応します。 水まわりの清掃事例一覧 お客様の声 会社概要 水まわりの専門用語
対応エリア

千葉県
野田・流山・柏・松戸・我孫子

埼玉県
三郷・吉川

茨城県
取手・守谷・板東

その他の地域もお気軽にご相談ください

これが高圧洗浄車の威力です!

公式Twitter
~清掃現場より~

ページトップへ

お見積もり(無料)のご依頼・お問い合わせはこちら
お見積もり(無料)のご依頼・お問い合わせはこちら

公式Twitter
~清掃現場より~

Tweets by DaishinC

googlemapレビューへのクチコミはこちらから

ページトップへ